大体心の中に溜め込むだけだったので、物欲つまり欲しいなーとかいいなーとか気になった物をピックアップしていくつもりで。

2017年07月06日

板タブのいいところ

 今日は牛乳とヨーグルトを同じくらいずつと、蜂蜜を混ぜたラッシーっぽいドリンクを飲みつつ。
ヨーグルトが残っていたので。

 昨日は液晶ペンタブレットについて書いたので、今日は板の方のペンタブレットについて。
液晶ペンタブレットは確かに、画面の映像が出ているところに直接描き込む感覚でやりやすいのですが。
板のペンタブレットには液晶ではできない事ができるのです。
それは、上に紙を敷く事です。

 確かに、表示される場所とは別の描画面なので慣れないといけないのですが。
板タブの上そのまま、あるいは液晶の画面上ってツルツルしていますよね。
なんと、そこに紙をのせて描くとなんとも良い書き味に。
紙でのラクガキが慣れていたからかも知れないのですが、描きやすいです。
ペン先の芯がかなり擦り減るというデメリットもありますが……。
液晶だと画面が隠れて見えなくなってしまうので、板タブレットならではの技ですねぇ。
液晶だと抵抗感のあるフィルムを貼るといったところでしょうか。
ペーパーライクという名前の付いたフィルムも出ているのですね。

 そんなわけで、我が家のCTE-630にはちょっと厚めのチラシが乗っています。
ちゃんと描けますよ。
(芯はアルミのワイヤーをヤスリで削ったものを入れています。
 昔は純正芯を買って換えていたのですが、使い切ってしまったのと中に入りすぎてしまうようになり。自己責任で。)

 結局のところ、どの環境でも慣れてしまえばどうにかなるというか慣れの問題なのかもしれませんがね。



 現在の板タブはどういったものがあるのか、眺めてきました。
WACOMは中古品も結構出ていますね。
そして検索すると出てくる出てくる、タブレット端末用のタッチペン。静電気通すやつ。

 以下は、目に留まったモノで広告。他にもあったのですが、ゲーム用やビジネス用や製品型番が分からないものは見送りました。
こういうのがあるよって紹介のつもりで貼っているので。
価格低い順で始めの方に出てきたのから並べています(同じ商品、他のお店でもあります)。

 錯覚という名前が面白い。筆圧2048。

ペンタブレット プロ SAKKAKU 錯覚 高度 表現力 USB式 極薄 繊細 フォトショップ デザイン 絵 パソコン 写真 ◇RC-M1000L

価格:4,980円
(2017/7/6 17:12時点)




色が選べて、ペンが鉛筆みたいなデザイン。筆圧2048。

楽天ランキング1位!【ARTISUL】ペンタブレット ペン入力 お絵かき 入門用 板タブ Artisul Pencil Small(アーティスル ペンシル スモール) Windows / Mac対応【日本正規代理店商品】送料無料!

価格:5,800円
(2017/7/6 17:24時点)




 まさかの木目調。というか、天然素材だって? 筆圧2048。

Princeton/プリンストン 7.5インチエントリーペンタブレット WoodPad PTB-WPD7

価格:5,906円
(2017/7/6 17:27時点)




 換え芯8本付き。筆圧2048。

ペンタブレット 高度 表現力 USB式 極薄 繊細 フォトショップ デザイン 絵 パソコン 写真 プロ IMAGINE イマジン ◇RC-HK708 「人気」

価格:5,980円
(2017/7/6 17:30時点)



 上のと似ている。

Parblo A610 ワイド16:9お絵描きペンタブレット本体+1本タッチ筆+カスタマイズ手袋 2048感圧感度 5080 LPI 230RPS

価格:5,980円
(2017/7/6 17:35時点)




 ペンに単4電池が必要。筆圧2048。

Ugee M708 10x6インチ ペンタブレット 筆圧 感度 2048 レベル 解像度 5080 LPI USB 接続 ペン スタンド 付属 8 ホットキー 並行輸入品 ◇ALW-M708

価格:6,200円
(2017/7/6 17:38時点)




 最高筆圧2048。

【アウトレット】 Intuos Draw small ミントブルー (CTL-490/B0) ワコム ペンタブレット 送料無料

価格:7,560円
(2017/7/6 17:44時点)




 大体2048レベルの筆圧感知ですね。
板タブレットの方も、久し振りに検索してみたらこんなに楽しくなっているとは……。
何年見ていなかったんだって話ではありますが。

 (以下、7月7日追記)この記事書いた時に書き切れなかったので
値段的には8千円以上の分を続きに書いていきます。続きを読む
posted by 下町 at 18:00| Comment(0) | 日記