大体心の中に溜め込むだけだったので、物欲つまり欲しいなーとかいいなーとか気になった物をピックアップしていくつもりで。

2017年09月21日

筆圧感知方式のメモ

 液晶タブレットや筆圧感知のタブレット端末で、筆圧レベルとかあるのですが。
まぁ、新しいのほど段階も多いのですが。現時点で知っているうちで8192とか。
そこまで自分の筆圧、細かく使えているか分からないよなァなんて思ったりもしますが。

 その、筆圧を感知する形式がいくつかあるようで。
今日はその辺りのメモです。

 ざっと見た感じ、3つ。他にもあるかもしれませんが、よく見かける辺りで簡単に。

・電磁誘導方式
Wacomで使われている方式ですね。ペンに電池が要らない。

・アクティブ静電結合方式
東芝とWacomのモバイル向けに共同開発した方式。電池が要る。
(記事によって共同開発と書いてあったり、Wacomのを東芝に提供したと書いてあったりどちらかよく分からない)

・N-Trig
イスラエルのメーカーが作った技術で、Microsoftが使っている。2016年にそのプロトコルをMicrosoftからWacomがライセンスゲットした。電池が要る。


 タブレットによって採用している方式が違うので、もしペンを買い換える場合には確認が必要です。
それにしても、やはり手描き入力においてWacom強し……。
posted by 下町 at 10:10| Comment(0) | タブレット