大体心の中に溜め込むだけだったので、物欲つまり欲しいなーとかいいなーとか気になった物をピックアップしていくつもりで。

2017年08月16日

ノートパソコンがあれば、無線LANも可能らしい

 有線のLANと無線機能の付いたパソコン(ノートパソコンなら付いている事が多いはず)があると無線LAN環境ができるらしいという話。
パソコンを無線ルーターにしてしまえる機能があるらしい。
SoftAPという機能がそれなんですが、Windows7以降に付いているらしいですよ(vista以降というのも見かけたので、その辺りからあるのかもしれませんね)。
というか、自分のWindows7にもあります。やってみたらアッサリできました。
wifiの機器がなくとも、有線LANの環境とパソコンがあればスマホやタブレットをwifi接続できます。
トラベルルーターとかの外出先で無線LANを使うための機器もありますが、それをノートパソコンでやってしまえるのです。
ノートパソコンにLANケーブルを繋いで、そこから無線LAN。

「SoftAP」で検索すると、やり方を解説してくださっているサイトがいくつか出てきます。
コマンドプロンプトを管理者権限で動かす必要がありますが。
「スタートメニュー」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」の中にある「コマンドプロンプト」を右クリックで「管理者として実行」するとできます。
数行のコマンドを入れて、コントロールパネルのネットワークの設定を共有にすると。
それだけでwifi環境がスタートします。
パソコンの電源を切ったり、機能をstopするとwifiを切る事もできます。

 こういった手順をやってくれるソフトもあるようですね。フリーソフトであります。
窓の杜でも紹介されているのがありました。
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/review/753137.html
他にもいろいろあるようです。

 DSやPSPは認証形式の関係で接続できないとか、3DSならできるとか……ちょいとはっきりしないので、確認できたらしてみたいところです。
posted by 下町 at 12:00| Comment(0) | パソコン周辺

2017年08月10日

昨夜の続き

 スティックPC用のドッキングステーションもあるんですね。面白い。

Diginnos DG-STKLC(スティック型パソコン用 ドッキングステーション) MYR

価格:5,780円
(2017/8/10 14:12時点)




 こんなのも。タンブラーなパソコン。

タンブラーなパソコン Diginnos DG-CANPC 楽天モデル

価格:18,144円
(2017/8/10 14:05時点)





 昨夜見ていたスティックPC、以前にandroidのを見た気がするのですが……。
今見ると性能的に物足りないというか。
デュアルコアのメモリが1GB以下だったり、ストレージが8GBだったり。
動画を見る用には大丈夫かとは思います。

 クアッドコアのメモリ2GB、ストレージ8GB。

アンドロイドスティック CPU:RK3229 Quad Core up to 1.5G (Cortex-A7) HDMI簡単接続 8GBメモリ TVがアンドロイドPCに変身 4K対応 Android 5.1 RK3188 MK8093

価格:6,980円
(2017/8/10 14:23時点)




 anroidTVというのもありますね。android6が入っているようです。LANケーブルを繋げるとwifiルーターにもなるとか。

CCC AIR Air Stick エアースティック【Android TV搭載・テレビスティック】【送料無料】DAZNなどの視聴に!

価格:10,690円
(2017/8/10 14:27時点)




 とにかく小さいスティックPC。
性能的にはガッツリ使う用というよりは、それなりにという用途向けかなと思います。
サブ機、リビング機といいますか。
お値段もお手ごろですし。
posted by 下町 at 14:38| Comment(0) | パソコン周辺

2017年08月09日

小さいパソコン

 shitamachi.xyzのふくわらいアプリの方を一生懸命やっていて、こちらを書き忘れるところでした。

 だいぶん前から気になっていたといえば、気になっていたのですが。スティックPC。
USBフラッシュメモリの大きいもののような外観のPC。
HDMI端子でテレビに挿せる小さなパソコン。
最近のPC用モニタもHDMIですよね。持っていないのですが。
HDMIなら音声も一緒に送れるので、音声用のケーブルも要りませんし。
 こんな小さいのにパソコン!? とびっくりするようなスティックPC。
androidだけかと思っていたら、Windows10もあるのですね。
1万円前後からあります。性能もそれなり……というか、スマホと同じくらいの印象ですかね。

 クアッドコアで、メモリは2GB。ストレージは32GB。マイクロSDカードが挿せます。

【送料無料】スティックPC スティック型パソコン ドスパラ Diginnos Stick DG-STK3

価格:10,520円
(2017/8/9 22:28時点)




 こちらはWindows8.1のようですね。

mouse パソコン スティックPC MS-NH1-AMZN Win8.1/2GB/32GB MYR

価格:14,980円
(2017/8/9 22:33時点)




 Lenovoのもあるんですね。上のmouseのと同じく、Windows8.1。

Lenovo■スティック型PC■ideacentre Stick 300 90ER0002JP■初回キーボード同梱版■新品未開封【即納】

価格:15,445円
(2017/8/9 22:39時点)




 Intelのも。Windows10。

【送料無料】Intel(インテル) Intel ComputeStick BOXSTK1AW32SC スティックPC

価格:17,560円
(2017/8/9 22:42時点)




 こちらのmouseはWindows10。

【ポイント5倍♪8/5 20:00〜8/10 01:59まで】マウスコンピューター [冷却ファン搭載スティック型PC] 《 MS-CH01FV2 》 【 Windows 10 Home/Atom x5-Z8350/2GB メモリ/32GBストレージ/高速無線LAN 】《新品》

価格:21,384円
(2017/8/9 22:51時点)




 アイオーデータもありますね。Windows10。

【送料無料】アイオーデータ機器 CLPC-32W1 スティックPC [Win10 Home・Atom・eMMC 32GB・メモリ 2GB] (CLPC32W1)

価格:30,410円
(2017/8/9 22:58時点)



オールインワン。液晶、マウス、キーボードもセット。Windows8.1。

【送料無料】アイオーデータ機器 スティック型パソコンオールインワンセット インテル Compute Stick +液晶ディスプレイ・ワイヤレスキーボード・マウスセット CSTK-32W/WD ブラック (CSTK32WWD)

価格:32,184円
(2017/8/9 22:59時点)




 ここまでのは大体クアッドコアで、メモリ2GB、ストレージ32GBですね。マイクロSDカードも挿せます。

 こちらはメモリが4GB。USB3.0にも対応しています。

【送料無料】スティックPC スティック型パソコン ドスパラ Diginnos Stick DG-STK4D

価格:21,924円
(2017/8/9 22:52時点)




 Windows10。メモリが4GB、ストレージ64GBです。VivoStickはスマートな形ですね。

【送料無料】ASUS(エイスース) スティックPC [Win10 Home・Atom x5] VivoStick TS10 ブラック TS10-B078D (TS10B078D)

価格:25,870円
(2017/8/9 23:17時点)



 Intelのメモリ4GB、ストレージ64GB。Windows10。USB3.0のポートが3つ。

【送料無料】Intel(インテル) Intel ComputeStick BOXSTK2M3W64CC スティックPC [Win10・CoreM3・eMMC64GB・メモリ4GB]

価格:46,872円
(2017/8/9 23:01時点)





 キューブ型のパソコンを初めて見た時も、おおっ、と思ったものですが。
スティックPCもすさまじい小ささですよね。
出かける先にモニタがあれば、気軽に持ち歩きできそうです。
さっとポケットに入るようなサイズで。
テレビやモニタの裏側にくっつけておけますし。本体の場所をとらないですね。
こんなのを液晶タブレットに繋いだら……ゴクリ。
posted by 下町 at 23:13| Comment(0) | パソコン周辺

2017年08月08日

普段は忘れているけれど、画面の解像度

 画面解像度って、環境によって違うよなァとなんとなく思いまして。

 画面の中にどのくらいのピクセルが詰まっているか、という単位なのですが。
モニタの大きさと設定によって違うので、例えば同じ画像でも見る環境によって大きさが違って感じます。
同じ画面の大きさでも解像度を大きくしていれば画面内のモノは小さく見える。
逆に解像度が小さいと、画面内のモノは大きく見える。
また、解像度の縦横比も設定で異なってくるので、若干縦や横に長く見えたりする。
 1280x1024の環境に慣れていると、1024x768で見た時に違和感を感じたりしますし。
1280x720と1028x768というちょっと違う設定だと縦に伸びたように見えたりするわけです。
パソコンの画面でとある画像を大きいなと思っていても、タブレットで見ると(解像度が高かったりするので)意外と小さく感じたりします。

 これは見る画面とその設定によるので、どうしようもないのですが。
イラストを描いてインターネット上に貼ったりした時に、見る人によっては縦横比が異なったりする事になります。微妙に。
自分の見ている環境上で納得するしかないかとも思います。

 解像度って、特定の名前が付いているものもあるのですね。
VGA(640x480)とか。
個人的に慣れているのは、XGA(1024x768)やSXGA(1280x1024)辺りですかね。
WXGA(1280x768 1366x768 1280x800)のうちの1280x800もよく見ている気がします。
フルHDは1920x1080も表示できるのですねぇ。
情報がたくさん詰められますね。

 今はテレビもパソコンもすっかりワイド型(16:9)が普通になってきたようです。
個人的な事を言うと昔ながらの4:3が好きなのですが。
16:9だけでなく、16:10もあるのですね。

 こうした画面自体の縦横比と設定での解像度がいろいろあって、考えるほどに複雑です。
気にしなければ気にならないといえば、そうなのですが。
posted by 下町 at 11:49| Comment(0) | パソコン周辺

2017年07月27日

昨夜気づいたリモートな事

 先日からリモートデスクトップを導入してみて、便利だなーと使っていたのですが。
マイクロソフトリモートデスクトップ、リモートアシスタンスもあるのですね。
リモートデスクトップの方は、スマホからパソコンを見るのに使っています。
で昨夜になって、パソコン同士でもできるよなと思い立ち(恐らく元々はそちらの方だったのでは)、やり方を検索していたところでリモートアシスタンスの存在に気付きました。

 リモートデスクトップは一方でのログイン。ログインしていない方では画面が表示されません(ログアウトの状態に)。
遠隔操作向きですね。
リモートデスクトップは同一ネットワーク上だと簡単に導入できるのもいいですね。
スマホやタブレットでパソコンをちょっと見たい時に便利です。

 リモートアシスタンスは、リモートされる方の画面を見る事ができる。画面を見られる側は普通に操作ができます。
そして、アシスタンスで繋がっているパソコン同士でチャットもできます。
画面を見ながらのサポート向きですね。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/879123
TeamViewerはこっちに近い印象です。

 リモートデスクトップもリモートアシスタンスもどちらもwindowsに入っていたので、新しくダウンロードしてこなくても使えるのが楽なところだと思います。スマホ用のアプリのほうはインストール必要ですが。
 自分でやるのは良いのですが、知らない相手にはパスワードを知らせないようにしましょう。
posted by 下町 at 11:19| Comment(0) | パソコン周辺